2016年10月21日

ビジネスシーンにおける礼儀

浮田哲州、ビジネスの礼儀。
肌寒い季節になると、仕事の移動中には多くのビジネスマンはスーツの上からコートを羽織ります。
外套ともいい、その名の通り基本的に屋外で着用する衣類です。

ビジネスシーンにおいても、クライアントやビジネスパートナーの会社を訪れる際には、必ず敷地内では脱ぎ、きちんと畳んで持ち歩かなくてはなりません。
先方の会社の敷地外で既に脱いでおき、門を通過するときには手に持っている状態であれば先方への礼儀として十分でしょう。
くれぐれも外が寒かったからといって、コートをうっかり羽織ったままで会社に入り込み、そのまま先方と面会することだけは避けるべきです。

これは、一般的にも使えるマナーであるのでぜひ身につけておきましょう。
posted by 浮田 at 10:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

ビジネスにおける時間に関する礼儀について

浮田哲州、ビジネスの礼儀。
普段から、人と会う約束をした場合は時間厳守であることは言うまでもありませんが、ビジネスシーンにおいても当然同じことが言えます。
ただし、相手方の事情や都合を考えて必ずしもアポイントの時刻通りきっかりとか大分早めに待ち合わせ場所に行くことが望ましくない場合もあるので、臨機応変に行動する必要があります。

先方の会社を訪問する場合は、アポイントの5分前から時間通りに到着する位が礼儀として望ましいでしょう。
これは、アポイントを受けた先方や、接客対応の社員さんを慌てさせないようにするための最低限の配慮です。

また、万が一出向く際にこちらに何らかの事情が発生して遅れるようなことがある場合は、それが発覚した時点で先方に早く一報を入れましょう。
posted by 浮田 at 10:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

新人ビジネスマンにとって礼儀正しい姿勢は必須

浮田哲州、ビジネスの礼儀。
ビジネスの営業を成功させるためには、マナーの徹底が必須です。
特に新人のビジネスマンは目上の方に対して、謙虚な姿勢で臨まなければいけません。

礼儀に反した行為や言動をすれば、先輩方々が着々と進めていた大プロジェクトもその時点で頓挫します。
例えば、クライアントと待ち合わせをした場合は、必ず先に到着し、お出迎えをしなければいけません。

どんなに遅くても30分前には到着しておきたいところです。几帳面なクライアントの方だと、待ち合わせをした時間の10分、20分前には現場にやって来るためです。

礼儀正しいビジネスマンの中には、念のため一時間以上前に現場に着く方々もいます。
電車やバスは遅れる可能性がある公共交通機関ですので、そのロスも予め計算し、早めに社を出発しましょう。
posted by 浮田 at 10:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。