2016年12月02日

正しいビジネスマナー・礼儀 上座・下座について

浮田哲州、ビジネスの礼儀。
ビジネスの世界では、商談などの席でどこが上座であるかを判断し、正しくお客様を座らせることが大切です。
まずは洋室の場合です。
洋室の場合は、ドアが近い席が下座、ドアから遠い席が上座となります。
あなたが相手を招待するのであればお客様を上座に、招待されたのであれば指定された席に座ります。

ここで注意が必要なのは、相手方に席を指定された場合はそれが上座であっても断ってはいけません。
遠慮するのは礼儀に反することとなるため、指定された席に座りましょう。

次に和室の場合です。
床の間がない和室であれば、洋室と同様出入り口に近い席が下座、遠い席が上座となります。
床の間がある場合は、床の間の前の席が最上位、次の順位が床脇の前の席となります。
知らないと不利益を被ることもありますので、覚えておくようにしましょう!
posted by 浮田 at 10:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。