2016年09月02日

取引先訪問時の礼儀とビジネスマナー 取引先訪問時の礼儀とビジネスマナー

浮田哲州、ビジネスの礼儀。
取引先やお得意先への訪問時に失礼がないように身に着けておきたいのが礼儀やビジネスマナーです。

基本的に訪問は事前の約束が必要です。
相手方の都合に合わせて日時を取り決めておくことがビジネスマナーですが、時間はぴったりを目指すようにしましょう。

はじめて訪れる際は社名と部署、氏名など身分も名乗り、名刺交換を申し出ます。
手土産を持参する場合もありますが、手土産を渡す際は袋から取り出し、両手で差し出すようにします。

飲み物をいただいた際は、口をつけるようにしましょう。

ビジネスにおける礼儀は社会人としてのマナーが守れていればそれほど慎重になりすぎる必要はありません。
礼儀正しい言葉づかいを意識するあまり、堅苦しい印象になりすぎるのもまた考え物です。

状況に応じて談笑することも時には大切です。
posted by 浮田 at 10:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。